Original PHONOGRAM Photo Gallery メイン・ページに戻る

A HARD DAY'S NIGHT

今回はUK盤3rdアルバム『ア・ハード・デイズ・ナイト』のオリジナル・モノラル盤をご紹介します。

まず、ジャケットからご覧ください。
4人のモノクロ写真をフィルムのように並べた印象的なフロント・カヴァー。



ビートルズといえば、必ずジョン、ポール、ジョージ、リンゴの順だったのに、 ここではジョージがポールのうえに並べられています。

初期のアルバムのお決まりで、パーロフォンのロゴ・マーク、グループ名、タイトルがお行儀よく並んでいます。



monoのロゴは、いわゆるミドル・ロゴと呼ばれるもので、長さは実測約31ミリ。
『プリーズ・プリーズ・ミー』や『ウィズ』のファースト・プレスが 実測約46ミリですから、かなり小さくなっています。



スリーヴはかなり薄めで、角はちょっとつぶれてはいるものの、まだパリッとしているのですが、



スパイン(背表紙)から表にかけて何本かのシワができています。



ヴィニール・コーティングの美しいスリーヴに、4人のチャーミングな写真が並んでいます。



バック・カヴァー。スリーヴ製作会社Ernest J. Day社のクレジットがあります。



カタログ・ナンバーはPMC 1230で、例によってフロント・カヴァーには記載がなく、 バック・カヴァーの右上にクレジットされています。



ライナー・ノウツは1st、2ndに引き続いてトニー・バロウ



つづいてGarrod & Lofthouse社製のスリーヴです。



光をやや強めに当てて、コーティングのようすがわかるように撮ってみました。



相変わらず、ギャロッド製は取り出し口付近のコーティングが切れています。



バック・スリーヴのGarrod & Lofthouse社クレジット部分。
Patents Pending(特許申請中)の表記があります。



折り返し部分は変色していますが、やはりアーネスト製よりもしっかりした感じがあります。



2枚のジャケットを比べてみましょう。
monoのロゴの大きさやレイアウトには違いはないようですが、 色味はギャロッドの方が少しだけ紺色が強く出ています。



どちらもスパインの上下は絞られていません。



折り返しの形状はかなり似てきました。



つづいてレーベルです。



ブラック&イエロー・レーベル、いわゆるイエロー・パーロフォンです。



トレイル・オフ・エリアに刻まれたマトリクスの枝番は3Nで、1stプレスです。
タックス・コードKTの「K」がうっすらと見えています。

こちらはSide-2。カタログ・ナンバーPMC 1230という文字が太いのが1stプレスの特徴です。
詳しくは Yellow Parlophone Data Baseをご覧ください。



では最後にインナー・バッグをご覧ください。



おなじみの「EMITEX」と呼ばれるタイプで、 中央の窓の部分は半透明のトレーシング・ペイパーを使用したものになっています。
いちばん上には筆記体でImportantと書かれています。

© 2005 ryo_parlophone




HOME





SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー