BEATLESのアナログ盤

トップ・ページに戻る

S GT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND

いつものように個人的な思い出から話を始めさせていただくことをお許しください。
このアルバムが発売された当時、街のレコード・ショップのショウ・ウィンドウに このジャケットが何枚も飾られていた光景は今でもはっきり目に焼きついています。
もちろん赤い帯のついた国内盤でしたが、 帯には「イギリスと同時発売!」と書いてあって、それがなんだかすごいことのように思えたものでした。

そのころ中学1年生だったぼくは「ビートルズもずいぶん難しくなっちゃったなあ」と感じていました。
「ペーパーバック・ライター」まではすごくポップな感じだったのに、 「ストロベリーフィールズ・フォーエヴァー」になると曲の終わりに雑音のようなものが入ってきて、 それはアメリカのさまざまなバンド、たとえば当時はまだアイドルだったモンキーズや、サイケデリックを象徴するかのような ジェファースン・エアプレインにまで影響を与えていると感じられたのでした。
ラジオでオン・エアされる曲の中には「When I'm Sixty Four」のようなわかりやすい曲もあったのですが、 全体的には明らかにひとつ上のレベルにアップしたという印象がありました。

近年とくに筋金入りのロック・ファンからの評判が低落しているようですが、 リアル・タイムに聴いていた人間からすれば、このアルバムはほんとうに当時のビートルズ音楽の集大成という感じがしたものです。
ジョンの「コンセプト・アルバムって言われてるけど眉唾ものだね」というコメントからもわかるとおり、 おもにポールのアイディアを基にアルバム作りが行われ、ジョージ・マーティンを初めとするアビー・ロード・スタジオの スタッフの献身的な作業によって生み出された奇跡的なアルバム!だと今でもぼくは思っています。
とくに傷心の日々を送っていた17歳の夏、どれだけこのアルバムに慰められたことか……。
関係ありませんね。失礼いたしました(笑)。

ではUKオリジナル・モノラル盤からご紹介していきましょう。
196761日のリリースで、レコード番号はPMC 7027です。




ヴィニール・コーティングの施された美しいスリーヴの上には70人もの有名人に囲まれるビートルズの4人が写っています。
ピーター・ブレイクがデザインしたこのジャケットはいろいろな意味で大評判になりましたね。
そしてぼくらがマダム・タッソーの蝋人形を知ったのも、このジャケ写だったような気がします。
バック・カヴァーには収録曲の歌詞が印刷されていて、これもポップスのアルバムとしては初めての試みだったようです。




ゲイトフォールド・カヴァーの内側。
4人の軍服調のコスチュームも話題になりました。
このころ流行りましたね、日本のグループ・サウンズはスパイダースと初めとしてみんな争うようにミリタリー調の服を着たものです。
ジョンやポールの瞳孔が開いている(ように見える)のはドラッグでぶっ飛んでいたからだともいわれ、 「Lucy in the Sky with Diamonds」はLSDによってストーンドしたときに作った なんてこともまことしやかに囁かれたりしました。
たしかに今聴いてもカラフルで刺激的な音と詩ですね。
内側もラミネート加工されてたいへん美しい仕上がり。



1stプレスは上部に折り返しのあるスリーヴでGarrod & Lofthouse社製です。




レーベルはblack and yellow label(日本での通称イエロー・パーロフォン)で、 リムのクレジットは「THE GRAMOPHONE CO.LTD.〜」で始まるタイプ、スピンドル・ホールの上に 「SOLD IN U.K.〜」というリマークがあります。
A面にあるタックス・コードはKT
ディスクの重さは160gです。
マトリクス関係はSide-1がXEX 637-1/4/RL、Side-2がXEX 638-1/4/RTとなっています。
両面とも1番目のラッカー盤、4枚目のマザーを使用し、 A面は28番目、B面は29番目のスタンパーからプレスされたことを表しています。




インナー・バッグもコンセプチュアルな考え方からデザイン集団ザ・フールの手になるオリジナルが用意されました。
波を思わせる赤から白へのグラデーション模様になっています。
日本ではこれも「サイケ・スリーヴ」などと呼ばれています。
さらに「SGT.PEPPER'S CUT-OUTS」と題された紙製のおまけもついています。
これもデザインはピーター・ブレイク。

さて、『サージェント』はマトリクスの枝盤が長いあいだ「-1」のままだったので、 どれがファースト・プレスなのか、よく話題になります。
裏ジャケのG&L社のクレジット部分に「Patents pending」の表記があるもの、 また内側の折り返しの部分に「Fourth Proof」という表記のあるものなどいろいろな説があって、 きちんとした結論は出ていないというのが現状のようです。
別稿のYellow Parlophone Data Baseでは、背の部分が広い「wide spine」も1st プレスの候補としましたが、 これはポールの「ペラペラの薄いジャケットにはしたくなかった」「第2刷からは薄いものにされてしまった」という発言に基づいています。
詳しくは紙ジャケ探検隊の特集記事(ビートルズ ネイキッド ミニ検証)を参考にしてください。




写真の上に写っているのが、そのワイド・スパインで厚さは約8ミリ、下が通常盤で約5ミリです。
どちらもGarrod & Lofthouse社のクレジットの右に「Patents pending」の表記はありません。



バック・カヴァーのクレジットを見ると「The Apple」という名称が始めて登場しています。
A splendid time is guaranteed for all」という誇らしげなコピー (これは「Being for the Benefit of Mr Kite!」の歌詞でしたね)の上には モノラル盤を表す「This is a mono recording.」という表記もあります。

つづいてUKオリジナル・ステレオ盤、カタログ・ナンバーはPCS 7027です。




フロント・カヴァーはモノラル盤と変わりがありません。
ステレオ盤ですからバック・カヴァーのその部分の表記に違いがあるだけです。



バック・カヴァー右上のレコード番号「PCS 7027 Stereo」という表記と、右下、下から2行目の 「This is a stereo recording.」の表記がモノラル盤とは違うところ。
スパインの厚みは6ミリです。




ゲイトフォールド・カヴァーの内側を見ると、中央の谷折りの部分がモノラル盤よりきれいになっています。
ワイド・スパインではないので、すっきりした折り目になっているのでしょう。
まるでつい最近リリースされたかのような美しいスリーヴです。







レーベルはイエロー・パーロフォンで、やはりリムのクレジットは「THE GRAMOPHONE CO.LTD.〜」で始まるタイプ、 スピンドル・ホールの上には「SOLD IN U.K.〜」というリマークがあります。
黄色い「PARLOPHONE」のロゴの上にSTEREO表記があるのがステレオ盤の特徴です。
タックス・コードはB面でKT
ディスクの重量はモノラル盤よりわずかに軽く150gでした。
マトリクス関係はSide-1がYEX 637-1/3/RM、Side-2がYEX 638-1/3/RPとなっています。
両面とも1番目のラッカー盤、3枚目のマザーを使用し、 A面は24番目、B面は26番目のスタンパーからプレスされたことを表しています。

やはりオリジナル・インナーとカット・アウトがついています。





3枚めはUK再発盤です。
1977年に新品で購入したもので、このころはすでにステレオ盤しかリリースされなくなっていました。
ゲイトフォールドのジャケットはオリジナル盤と同じで、内側にもコーティングがあります。
ジャケットのスパインの厚みは4ミリで、オリジナルよりさらに1ミリほど薄くなっています。




70年代のプレスなので内側の折り返しはありません。







レーベルは2EMIボックスド・ロゴのblack and silver label(通称シルヴァー・パーロフォン)で、 リムのコピーが「EMI RECORDS〜」で始まる後期タイプです。
マトリクス関係はA面がYEX 637-3/2/T、B面がYEX 638-3/3/LLとなっています。
さらに12時の方向に「HTM」という手彫りのイニシャルがあります。
レコード盤の重さは120g。
インナー・スリーヴはおなじみの「Important Notice」と書かれたカンパニー・スリーヴに変わっています。

アルバム『サージェント・ペパーズ』のいちばん最後には、犬にだけ聞こえるといわれる15kHzの笛のような音 (いやいや、よーく耳をすますとぼくら人間にも聞こえるような気がするんですが)と、意味不明のおしゃべりが収録されていますよね。
ぼくが77年にUK盤を初めて聴いてびっくりしたのは、このおしゃべりがレコード最後のいわゆる送り溝といわれる部分に 刻まれていて、オート・リターン機能のついていないレコード・プレイヤーの場合、いつまでも音が再生され続けることです。
永遠に終わらないレコード。
こんなアイディアもビートルズ以前にはだれも考えつかなかったものですね。

次はUS盤を見ていきましょう。
ここにきてやっとオリジナルと同じ内容のアルバムがアメリカでもリリースされることになりました。
米国のファンはこの日を待ち望んでいたことでしょう。
リリースは英国と1日違いの6762日、運命的とも思える、 まさにサマー・オヴ・ラヴの引き金になるようなタイミングで発売されています。
ただし、のちに米キャピトルによって「Sgt. Pepper Inner Groove」と呼ばれるようになる、 最後の意味不明のおしゃべりは収録されていません。

まずはオリジナルのモノラル盤です。
カタログ・ナンバーはMAS 2653




ジャケットはおなじみ、表写真の印刷されたスリックをスリーヴの上に貼り付けた、 フロント・シールデッド・カヴァーと呼ばれるものですが、左により過ぎているため ヘヴィー級チャンピオン、ソニー・リストン・スミスの顔は半分切れかかっています。
コーティングがないのであまり美品が残っていないところがコレクター泣かせ(笑)。




レーベルはオリジナルのblack label with color band(通称レインボウ・レーベル)で、 A面を表す「1」が「I」になっている東海岸スクラントン・プレスです。
マトリクスはMAS-1-2653-F1#2/ MAS-2-2653-G2
ディスクの重さは140g。

もう一組モノラル盤を見ていただきましょう。 こちらはL.A.プレスです。




同じレインボウ・レーベルのモノラル盤でも文字のレイアウトがまったく違うので、 見てるだけで楽しくなってきます(笑)。
こちらのマトリクスはMAS1-2653-F-11/ MAS2-2653-F-11で、 B面だけ9時方向と4時方向に2の刻印があります。
ディスクの重さは135gでした。

インナーはUKオリジナル盤と同じザ・フールのデザインによるものがついていますが形状が微妙に違っています。
カット・アウトはUK盤と紙質などもほぼ同じ感じです。




US盤はモノラル、ステレオともバック・カヴァー右下の表記が2種類あります。
A splendid time is guaranteed for all」というコピーの下をご覧ください。




左がアーリー・プレス、右がレイト・プレスです。
レイト・プレスでは「All rights for〜」で始まり、「by MACLEN MUSIC INC.」で終わる 3行にわたるクレジットが挿入されているので、「1967 NEMS〜」というコピーが右端に移動し、縦の表記になっています
EMIのロゴマークの右に文字があるのがご覧いただけるでしょうか)。

つづいて、オリジナル・ステレオ盤です。
レコード番号はSMAS 2653で、 モノラル盤にはなかった黄色のラインがフロント・カヴァー上部にあってSTEREOと表記されています。
モービル・フィディリティ盤のデザインはこのあたりにルーツがあるのかもしれませんね。







やはりレインボウ・レーベルでマトリクスはSMAS1-2653-A1#2/ SMAS2-2653-B2
こちらもディスクの重さは135gあります。

オリジナルのインナー・バッグがついています。

ここでインナーとカット・アウトを英米で比較してみましょう。
まず形状の違うインナー・バッグです。





左が「MADE IN GREAT BRITAIN PATENTS APPLIED FOR」と書かれたUK製。
右は「PRINTED IN USA BPE 12-1」と書かれたUS製です。

カット・アウトはほぼ同じで左下の製造国のクレジットが違うだけのようです。



次はアップル・レーベルに変更後のステレオ盤です。
ジャケットは省略しますが、レコード番号は同じくSMAS 2653で、レーベルの「MFD. BY APPLE RECORDS, INC」というクレジットが A面だけにある71〜75年に再発されたものです。




インナーは白いプレーンなものになっています。
ディスクの重さは130gでした。

米国盤の最後はMOBIL FIDELITY SOUND LABからリリースされたORIGINAL MASTER RECORDINGシリーズの1枚です。
85年9月発売でレコード番号はMFSL 1-100
モービル社としても100タイトルめの記念すべきレコードは「サージェント」という気持ちがあったのでしょう。 なお、このシリーズについての概略は「モービル・フィディリティ・サウンド・インプレッション」のchapter 2 with the beatlesのページにまとめていますのでご覧ください。




ヴィニール・コーティングではありませんが、艶のある美しいジャケット。
表裏とも、いちばん上の黄色い帯状の部分に「ORIGINAL MASTER RECORDING TM」と表記されています。
ゲイトフォールド・カヴァーです。




レーベルとディスクを保護する厚紙。
最後のおしゃべりは最内周の溝に刻まれておりエンドレスに再生されますが、15kHzの笛の音は入っていないようです。

ところでUS盤だけのおもしろい特徴があります。
それはゲイトフォールドの内側にカタログ・ナンバーが記載されているということです。




左がオリジナルのモノラル盤、右がモービル盤です。
それにしてもなぜ、ジョージの肩先にカタログ・ナンバーを入れる必要があったのでしょう(笑)。

つづいて国内盤です。
まず1st プレス、オデオン・レーベルのステレオ盤です(モノラル盤は当時発売されていません)。
このあと見ていただくように「イギリスと同時発売」と書かれた赤い帯がついていたのですが、 実際はコピーと違って1か月遅れの75日のリリースでした。




ヴィニール・コーティングの美しいジャケットはUK盤を髣髴させます。
ところが、トリミングのために画像の一部が欠けてしまっています。



ジャケットの中央右端にシャーリー・テンプル(往年の名子役)の人形が置いてありますが、彼女の着ているセーター(トレーナー?)に 「WELCOME THE ROLLING STONES」と書いてあって、左袖のところに「GOOD GUYS」とあるのが UKオリジナル盤ではきちんと写っています。
国内盤ではそれが見えません。肝心なところなのに……(笑)。

残念ながら内側はコーティングがされていません。



レコードは赤盤で、東芝音工のアド・スリーヴに入っています。




オリジナルの赤白のインナーではないのと、カット・アウトが付属していないのが国内盤の欠点。
予算的に、あるいは発売日の日程的に難しかったのでしょうか、それともそこまでオリジナルを尊重する考え方がまだなかったのか?
そういえば「Sgt. Pepper Inner Groove」も、最後の溝(インナー・グルーヴ)ではなくて 「A Day in the Life」の終わりに1回だけ収録されています。
重さは140g。

9枚目はレーベルがアップルになってからの再発盤で、レコード番号はAP-8163
1969年のリリースです。





ここについている帯はアップルのマークとレコード番号以外は初盤とほぼ同じものです。
(ただしオデオン盤の帯は厳密にいうと2種類存在します)
最近手に入れたものですが、ジャケットも帯も新品のような輝きを保っています。





レコードはアップルの赤盤です。
ディスクはオデオンの赤盤より重くなって145gあります。




こちらはレギュラーの黒盤で重さは140g、どちらもおなじみのアップルのブラック・インナーに入っています。




カット・アウトも解説もついていませんが、曲目カードが付属しています。


次は80年代の限定モノラル盤を2種ご覧いただきましょう。
まず最初は82121日にリリースされた細帯のついたものです。
レコード番号はEAS-70137
コーティングのない厚紙のゲイトフォールド・ジャケットで、 オリジナルにはない「mono」のロゴがフロント・カヴァー右上にプリントされています。




テンプルちゃん人形はさらにトリミングされほとんど顔が写ってない始末(笑)。



バック・カヴァー上部の表記はオリジナル盤とは違って 「(P)1967 Original Sound Recordings Made by E.M.I.Records Limited」 となっています。
と書きかけて気づきましたが、「Made by」が「Mady by」になっています。
マッディって何だ?(笑)

もともとこのシリーズにはなんにもオマケがついていないのですが、ぼくが手に入れたときには ラッキーなことに旗帯シリーズ(EAS-80558)のカットアウトがついていました。



ディスクはオデオンやアップルのエヴァー・クリーン・シリーズの赤盤とは違ったクリアなレッド・ヴィニールで、 レーベルは黒いEMI / Odeonとなっています。
この国内モノラル盤の音はなかなか鮮度が高く、ノイズもまったくといってよいほどないので、 オリジナルのモノラル盤よりこちらのほうをターン・テーブルに載せることが多いかもしれません(笑)。
ただし最後のおしゃべりが収録されていないのが玉に瑕。
ディスクの重さはわずか100gしかありません。




次は8664日にリリースされた来日20周年記念盤です。
レコード番号はこちらも同じくEAS-70137




「来日20周年特別企画」と書かれた太帯つき。


帯以外は82年のものと同一で、音もほとんど変わらないと思いますが、『REVOLVER』のところで 述べたように、レーベル記載のマトリクスが違っています。

では、最後にピクチャー・レコードを2種類ご紹介しましょう。
まずUK盤から。




1979115日に限定発売されたもので、一見ふつうのレコードに見えますが、 ディスクには表ジャケットの写真が印刷されています。



コーティング・カヴァーで裏には歌詞も印刷されていますが、ゲイトフォールドではありません。



レコード番号はPHO 7027で、スリーヴは英国製、ディスクは西ドイツ製という表記があります。
なお、同年4月11日にはディスクもスリーヴも西ドイツ製、8月には両方とも英国製のピクチャー・ディスクがリリースされています。

つづいて国内盤です。
UK盤に先だつことおよそ1年、19782月にリリースされたUS盤のデザインを踏襲したものです。
国内盤のリリースは19781225日。
スリーヴの表は黒を基調にしたもので、裏は曲名とオリジナル・ジャケットの写真が小さく載っているシンプルなデザインです。




特別限定盤/ピクチャー・レコード」と書かれた黒地にピンクの帯つき。
スリーヴからレコードを取り出したところです。



ディスク本体はSide-1がオリジナル・ジャケットの4人の部分を拡大したもの、Side-2は「SGT.PEPPERS」のドラムヘッドの部分の 拡大画像になっています。




Side-2のドラムヘッドの一番下の部分には、レコード番号やマトリクス・ナンバー、JASRACのロゴとともに、 ディスクの制作会社、JAPAN MUSICOLOR CO. LTDのクレジットとロゴ・マークがプリントされています。
この会社が戦前のSP盤から多くのピクチャー・ディスクを作っていたことは、ミュージック・マガジン社刊の 『レコード・トリビア大百科』に紹介されていて初めて知りました。





吹田靖治氏の解説と、歌詞、吉成伸幸氏の対訳がついています。
吹田靖治氏の解説は今から見るとかなり大袈裟なもので、ちょっと時代を感じさせます(生意気を言ってすみません)。

なお、 モービル・フィディリティ・サウンド・インプレッションでは、5種類のディスクについて音質比較試聴を行っています。
併せてご覧ください。


最後にカット・アウトとおしゃべり(「Sgt. Pepper Inner Groove」)の収録状況を表にしておきます。

discCUT-OUTSSPIG
UKmonoendless
stereoendless
pictureendless
USmono×
stereo×
MFSL×endless
JPNOdeon×once
mono××
picture××


© 2004-6 ryo_parlophone




BEATLESのアナログ盤 メイン・ページに戻る

トップ・ページに戻る




SEO [PR] ギフト 音楽配信 コンサート情報 わけあり商品 無料レンタルサーバー